介護士が転職に失敗しないためにチェックしておくべき5項目を採用担当者が紹介

採用担当者が教える5つのチェックポイント

こんにちは、まっすです!
介護施設で働くうちにこんな職場だと思わなかった!聞いていた話と違う!

こんな風に思ったことはありませんか?

求人誌やチラシの条件をみて応募したのに、条件が違った。面接でも確認したのに、こんな職場だと思わなかった。

それは、あなたが職場を探すときにチェックしておくべきことを見逃していた可能性があります。

求人誌やチラシ、施設の窓に貼ってある求人情報などでは、このような「こんな職場と思わなかった」ということがよく起こります!

求人誌やチラシなどは、施設側が求人内容を考え、都合の悪い内容や施設の内情や退職率などの情報はわかりません。
そのため、転職エージェントを利用した方が、内情を知った上で転職先を探すことができます。

今回は、転職を考えている人へ、失敗しない介護士の転職方法を紹介したいと思います。

この記事の内容

  • 介護士の転職で失敗しないための方法
  • 介護士の転職時に確認しておくべき5つのこと
  • 転職時に利用すると便利なこと

本記事では、介護士の転職時に施設側に確認しておくべき5つの項目を紹介します!

介護施設の採用担当としての経験上、今回紹介する項目を事前に伝えておくことで、職場が合わなかったというケースは無くなりました!

さらに、休みや給料などの条件面を上げる方法もお伝えします!

ぜひ、介護士として転職を検討している人は今回紹介する5つの項目をチェックするようにしてください!

転職時に不利になるから聞きにくいなんて思っていると『自分に合わない職場』で働くことになってしまうこともあります。

もし不安に感じるなら『あなたが直接、転職先に聞く必要がない方法』も紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

あなたに合った職場をみつけて給料や待遇をアップさせ、やりがいのある介護士の仕事を充実したものにしましょう!

介護士が転職する時に確認すべき5つのポイント

介護士の転職の際の5つのチェックポイント

介護士が転職するときに、確認しておかない後悔することがあります。

これからお伝えする5つの項目は転職する際に絶対に確認しておくようにしましょう!

転職時に確認しておきたい5つの項目

  • 給料の昇給額や有無
  • 有給休暇の取得率はどの程度か
  • 職員の離職率はどれくらいか
  • 残業の有無と支払いについて
  • お盆や年末年始など休日について

以上の5つのポイントを確認しておくだけで、職場選びの失敗は少なくなります!

ではなぜこの5つの項目が大事なのか分かりやすく説明します。

給料の昇給額や有無を確認すべき

働くうえで『給料』とても大事なこと!
給料が高ければ『しんどい仕事も頑張れる』と思う人もいるでしょう。

しかし、介護業界は他の産業に比べ給料が低いと言われています。

実際に他の産業の平均年収が432万円なのに対して、介護職の国家資格である介護福祉士の年収は360万円と低くなっています。

介護士は資格がなくても働くことができます。

したがって、無資格・未経験でもそれなりの給料は支給されます。

そのため、初任者研修や実務者研修を受講し、介護福祉士の資格を取得しても昇給がわずかな職場も多い

さらに、3年、5年、10年と長く勤めても年間の昇給額がわずか、もしくはない職場もあります!

もし、求人の給料が少しくらい良くても『給料の昇給がない』と長い目で見ると損をしてしまうことがあります。。。

転職する際には昇給の有無をゼッタイに確認しておきましょう!

未経験・無資格介護士の時給

1050〜1150円程度

介護福祉士の資格がある場合の時給

1150~1300円程度

介護士の給料の問題は昇給額が低い・キャリアアップがしにくいことが挙げられる!

介護士として長く働くつもりなら、目先の給料だけを考えるのはやめましょう。

有給休暇の取得率はどの程度か確認するべき

仕事ばかりして休みがない職場なんて嫌ですよね?

給料も大事だけど、プライベートを大事にしたいから休みも大事!

介護業界は常に求人が出されているほど人手不足の職場です。

そのため、有給休暇だけでなく、公休も取りずらいことが多くあります。

先輩職員が有給を取得していないので、『自分も取りずらい』なんてこともよくある事例です。

求人票に有給の消化率などが記載していない場合は有給が取りずらい職場なのかもしれません。。。

職場全体で有給休暇を取得しやすい環境にしているかを確認するために、有給休暇の取得率を確認しておくことをおすすめします!

もし『有給休暇の消化率なんて聞けない!』という人は『転職エージェント』を利用すると知りたいことを代わりに聞いてくれるのでオススメです!

職員の離職率はどれくらいか

何度も言っていますが、介護業界は人手不足です。。。

そのため、職場への不満があればすぐに辞めるなど離職率は高い傾向にあります。

逆にいえば離職率が高い介護業界の中で、離職率が低ければその職場には魅力があるということになります!

しかし、『職員の離職率をどうやったら知れるの?』と思う人も多いですよね。

そんな時におすすめなのが、転職サイトやエージェントを通しての転職になります!

自分では聞きにくい職員の離職率などの質問や給料や休みの要望を事前に伝えてくれたり、調べてくれます!
給料や待遇の交渉なども行ってくれるため、利用しない理由はありません!
転職エージェントはすべて無料で利用できるため、安心ですよ!

残業の有無と支払いについて

サービス残業してませんか?

介護職の給料が上がらない理由としてはサービス残業の多さも要因の一つです。

介護士の仕事は身体のケアや移動やトイレなどの介助をするだけではありません。

提供したサービスの記録をつけたり、レクリエーションなどの準備などたくさんの仕事がありますよね!

介護士の残業でよくある仕事

  • レクリエーションの準備
  • 介護計画の記録
  • 生産性のない会議
  • よくわからない勉強会

あなたは、きちんと残業代を支給されていますか?

残業申請すれば支給されますが、職場から残業はしないように言われ、周りのめも気になり、申請していません。。。

こんな経験をしている介護士さんも多いのではないでしょうか?

介護士の仕事は忙しいため残業をすることがありますが、サービス残業はしないようにしましょう!

残業代がきちんと支給されていないことは問題です。

私の友人も大手企業で働いていますが、基本給などは介護職と大きな差はありません。
給料の差は残業代の支給の有無であることが多い。。。

したがって介護士の転職では『残業代はきちんと支給されているのか』、『残業の条件』などを把握しておくことをオススメします!

お盆や年末年始など休日について

お盆や年末年始などは休みたい!』という人も多いですよね。

何度も言っていますが、介護業界は休みを取りずらい場合が多い。

もし主婦をしながら働かないといけない、子どもが小さいのでお盆や年末年始は休みたいなどの条件がある人はお休みの確認は必須です!

介護施設はお盆休みや年末年始なども営業をしていることも多いため、営業日などの確認も行いましょう。

『確認方法がわからない』、『自分で調べるのがめんどくさい』そんな人は転職エージェントの利用も検討してみてみましょう!

まとめ:5つの項目を確認すると転職に失敗しない!

介護士を応援している画像

失敗しない転職をするために、紹介した「5つの項目」は確認するようにしましょう!
確認せずに転職すると、失敗してまた転職しないといけなくなります。

何度も転職活動はしたくないので、紹介されている「5つの項目」は確認するようにします!

介護業界は働く場所によって給料は大きな差はありませんが、待遇は変わってきます。

同じ給料なら待遇が良い場所で働きたいと思いますよね!

今回紹介した『5つの項目』を確認することで、『思っていた職場じゃなかった』、『聞いていた話と違う!』ということはなくなります!

また、今回紹介したこと以外にも『聞きたいことがある』ときは必ず確認しておくようにしましょう!

介護職が転職する際に確認しておくべき5つの項目

  • 給料の昇給額
  • 有給休暇の取得率
  • 職員の離職率
  • 残業の有無と支払い
  • お盆や年末年始など休日について

もし自分でこの5つの項目を確認しにくいと思う場合には、転職サイトやエージェントの利用も検討して下さい!

すべて無料で利用でき、面接日の調整はもちろん、給料や待遇の交渉も代わりに行ってくれます。

利用するのとしないのでは、働く条件が変わってくるので、一度登録してお話しだけでも聞いてみることをおすすめします!

私も転職する際に転職エージェントを利用して、給料や待遇をよくすることに成功しました。
登録・利用もすべて無料なので、デメリットはありません!ぜひ検討してみて下さい!

介護業界は人手不足であり、転職エージェントも豊富です!たくさんあって選べない人は、「きらケア」「介護ワーカー」「マイナビ」の3つが最大手なのでそこから選ぶことをオススメします!

  • -
    コピー