【2021年最新】理学療法士とは?国家試験の合格率、資格取得の方法や大学と専門学校の違いを解説

理学療法士について紹介リハビリ

こんにちは、Physical Therapistのまっすです!

普段は介護施設やデイサービスの顧問、訪問看護ステーションなど様々な分野で働いています。

今年で理学療法士として働いて10年目になります。

今回はそんな経験を活かして理学療法士とはどんな仕事なのか?を誰にでも簡単に説明していきたいと思います。

本記事の内容
  • 理学療法士とはどんな仕事か?
  • 理学療法士になる方法とは?
  • 理学療法士の国家試験について
  • 実習について簡単に説明
  • 大学と専門学校の違いとメリット・デメリットが分かる

理学療法士の学校に通っている学生やこれから目指す人に少しでもお役に立てば嬉しいです(*^^*)

ぜひ最後まで読んで参考にしてください!

スポンサーリンク

理学療法士ってどんな仕事?

リハビリ画像1

理学療法士はPhysical Therapist(PT)とも呼ばれ、ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して理学療法を提供します。

基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の維持や回復、および障害の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気、牽引などの物理的な治療)などを用いて、自立した日常生活(ADL)が送れるようサポートする医学的リハビリテーションの専門職です。

一般的には柔道整復師やあん摩・マッサージ師などと同じようにマッサージをする人と思われがです。。。

柔道整復師や鍼灸師、あん摩・マッサージ師などの国家資格では『開業権』がありますが、一般的にリハ職と呼ばれるのは理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の3職種になります!

理学療法士などのリハ職ではリハビリテーションを実施するには医師の指示が必須になります

この点だけみると大したことないじゃん!

と思われるかもしれませんが、医師の指示のもとでリハビリテーションを提供するため、安心・安全であるともいえます。

そのため、治療プログラムに関しても医師や看護師など様々な医療職と連携して行っていくため、医療人としては非常にやりがいのある大事な仕事です!

治療や支援の内容については、対象者ひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成し治療を行います。

理学療法士とは何かと言われれば動作の専門家です。
解剖学、生理学や運動学などの知識を用いて日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指します。
関節可動域の拡大、筋力強化などの治療や歩行練習などの動作練習を行い日常生活の自立を目指します。

理学療法士は国家資格であり免許を持った人でなければ名乗ることができません(名称独占)。

働く場所としては主に病院、クリニック、最近は介護保険関連施設等になります。

とても少ないですが専門性や鍼灸師やアスレティックトレーナーなどの免許を取得し、プロスポーツのチームで働いている方もいます。

理学療法士の資格取得は国家試験が必須

リハビリ画像2人

国家資格であるため毎年2月(だいたい月末)に行われる国家試験に合格し、理学療法士の資格を取得しなければなりません。φ(..)

この国家試験は年に1回しかありません!

国家試験の受験資格を得るためには、文部科学大臣に指定されている養成校で定めらてたカリキュラムを修めて卒業する必要(卒業見込みも含む)があります。

養成校は専門学校(3~4年制)、短期大学(3年制)、4年制大学が存在し、全国に273校(2019年9月現在)あるとされています。

特例として、既に作業療法士の資格を保有している場合は一部のカリキュラムを免除されるため、国家試験受験までの負担が軽減されるそうです (日本理学療法士協会より)。

2021年の国家試験の合格率は70%台に低下

リハビリ勉強

2021年2月に行われた「第56回理学療法士国家試験」の結果は、以下のとおりです。

合格発表:2021年3月26日

受験者数:11,946人

合格者数:94,34人

全体の合格率 79%(昨年比 7.4%減)うち新卒者 10,552人、合格率 86.4%

理学療法士国家試験結果

合格の基準は、だいたい以下のようになります。

・総得点 167点以上/277点

・実地問題 43点以上/120点

合格率も昔に比べ低くなっていますが、比較的高い水準をキープしており、しっかりと勉強し養成校を卒業できる力があれば十分に国家試験に合格できる難易度となっています。

2021年度の合格率は2016年以来の70%台でしたね(;´Д`)

もし不合格だった人もあきらめずに来年頑張りましょう!今年の試験は難しかった!

リハ職に人気のおすすめ記事

理学療法士養成校の学校生活は忙しい!

rihauni

養成校によって違いはあると思いますが、私が行った大学では1年から2年で解剖学や生理学、運動学などの基礎的な学習をすべて終了させます。

3年の秋頃から4週間の実習が1回、8週間の実習が3回程度、病院や介護施設に実習に行きました。1、2年制は朝9時から17時くらいまでしっかりと事業があり、高校みたいでした(^_^;)

3年制の専門学校ではもっとカリキュラムは厳しいかもしれませんね。

4年生の夏頃まで実習が続き、その後は卒業研究や国家試験対策の授業があり通常のキャンパスライフは厳しいかもしれませんね

その間にも年に数人はリタイアする方もいました。

そのくらいがっつりと勉強しますから、合格率が比較的高いのも納得がいくような気がしますね。

理学療法士の実習はかなり大変

リハビリ学習

現役の理学療法士に実習について聞くとだいたいの人は二度と行きたくないと言われると思います(^_^;)

どんな職業の実習でも大変だと思いますが、PTの実習は過酷です

スーパーバイザー、バイザーと言われる実際に病院で働いているPTが指導者についてくれます。そのバイザーを中心に実際に治療されている場面を見学してその内容を日々のレポートとして見学させてもらったPTに提出してフィードバックをもらう流れが多いと思います。

そして一番のメインが実際に患者さんを担当させて頂き、自分自身で評価→治療→再評価をしていく流れを実践しレポート作成をすることです

これが大変であり、実際に患者さんを担当するということでバイザーの先生から色々と指導されます。

体育会系の先生も多く厳しく指導されることも多く、ここで挫折される方も多くいました。

実習の単位を落としてしますと、どんなに机上の成績が良くても留年が決定してしまう養成校がほとんどです!
理学療法士はコミュニケーション能力も求められます。

大学と専門学校の違い

 学校選びの際に『大学にするか専門学校にするか?』と悩むことが多いと思います。大学はもちろん4年制であり、専門学校では3年制もしくは4年制となります。

専門職ということでカリキュラム的に一杯一杯なことが多く、昔に比べ4年制の専門学校が多くなっている印象です。

大学で学ぶメリット・デメリット

大学で学ぶメリットとしては『学士』の学位が取れます。

また、大学ということで様々な学部も併設されていることが多く、一般教養科目の選択が豊富で学生の数も多くいわゆるキャンパスライフが楽しめます。

デメリットとしては3年制の専門学校に比べ1年長く学ばないといけない点です。

その分学費もかかることになります。

専門学校で学ぶメリット・デメリット

専門学校で学ぶメリットとしては3年間で学べる。

4年制の専門学校では大学と同じですが、3年制では大学に比べ1年早く働くことができます。

その分、学費も抑えることができますし、早く働き稼ぎたい方にとっては嬉しいですよね(*^_^*)

デメリットとしては専門分野に特化したカリキュラムである分、一般教養は学べないということです。それは専門学校で学ぶ以外の業界知識がほぼゼロになってしまうことを意味するため、途中からの方向転換が難しくなります。

しかし、理学療法士に関しては途中からの方向転換の難しさは大学も同じといえます。

また、3年制ではカリキュラム詰まっており、自由にできる時間はかなり少なくなっています(^_^;)

さらに卒業研究などがない場合も多く、研究分野に興味がある方では将来的に少し苦労するかもしれません。

専門学校での3年制、4年制の違い

 3年制でも4年制でも、理学療法士国家試験受験資格が取得できるという点では違いは全くありません。

 ただし、4年制の方が比較的カリキュラムも余裕がある可能性が高くなりますし、自由にできる時間も増えると考えられます。また、4年制の場合は卒業時に得られる学位が、『専門士』ではなく、『高度専門士』となりますので、大学院への進学も可能となります。

理学療法士の平均年収は普通

リハビリトップ画像

日本政府統計の賃金構造基本統計調査(2018年度)のデータ」によると、理学療法士の平均年収は約408万円です。

 日本の給与所得者平均年収は約432万円なので、理学療法士の年収はそこまで高額ではないとわかります。

しかし、訪問看護ステーションなどで働いているPTではインセンティブの報酬になっていることが多く、担当する件数が多い方では月収が40〜60万円程度の方も多くいる印象です。

年収については気になる方も多いと思いますので、また別の機会に詳しく説明しますね(*^_^*)
細かい点は随時、別ページで説明していきたいと思います。
質問はTwitterやContactから受け付けますので、お気軽にどうぞ(*゚∀゚)

タイトルとURLをコピーしました