老人ホーム・介護施設について簡単にまとめました

介護施設について簡単に説明介護

現在、日本は高齢化社会となっており、自分の老後や両親の介護を考える際に老人ホームや介護施設の利用を考える方も多いと思います。

高齢者施設への入所には多額の費用が必要となる場合が多く、さらに虐待などのニュースもみかける様になる昨今、施設選びは慎重に絶対に失敗したくないものですね。

そこで、今回は介護施設で働いている経験を活かし、現在、どんな高齢者向け住宅があり、どのようなサービスを提供しているのかを簡単に紹介していきたいと思います。

公共型の老人ホーム・介護施設

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設(療養病床)という3つの介護保険施設とケアハウス(軽費老人ホーム)が公共型に分類されます。民間型と比べると、費用が安いのが特徴です。入所希望者が多く、ほとんど場合、待機期間が必要になります。豊かで快適な老後を過ごすというよりも、介護や医療ケアに重点を置く傾向があります。

介護施設紹介

ケアハウスとは

『軽費老人ホーム』とも言われ、経済的な負担が比較的小さいことが特徴です。

自宅での単身生活に不安を覚えていたり、家族の協力を受けられなかったりといった事情を持つ高齢者向けの施設となっています。

ケアハウスには『一般型』と『介護型』があり、一般型では家事などの生活支援サービスが提供され、介護型は生活支援サービスに加え、介護サービスが利用可能です。

入居対象者は、65歳以上かつ要介護度1以上の方となっており、特別養護老人ホームと同じく人気が高く、入居できるまで比較的期間が必要になっています。

ケアハウスの特徴

  • 低所得で一人暮らしの高齢者が入居できる
  • 「一般(自立)型」「介護型」の2種類がある
  • 要介護3くらいまでが入居対象となる

特別養護老人ホームとは

一般的に老人ホームと言われれば特養をイメージされる方が多いと思います。

基本的には『要介護3以上』の認定を受けている方が対象の施設です。

介護保険によって低価格でサービスを受けることができ、看取りまで対応可能です。近年は、従来型の個室(旧型)に対し、ユニット型(新型)と呼ばれるタイプが増え、さらに手厚い介護を受けられるようになりました。

また、特養は終の棲家としても人気の施設であり待機者が多くなかなか入居できないこともあります。入居の順番に関しては本人を取り巻く状況を鑑みて緊急性が判断され、それを数値化して優先度が決められます。なお、看護師は夜間滞在せず、日常的な医療ケアが必要な場合は入居ができない可能性もあります。

要介護1、2の入居では自治体からの特別な許可が必要となります。『認知症や障害によって日常生活に支障をきたす場合』や『家族・地域からの支援が期待できない』状態に限り、”特例入所”が認められるケースもあります。

特別養護老人ホームの特徴

  • 行政や社会福祉法人が運営する公的な施設
  • 費用は安いが、待機者が多く入居まで時間がかかることもある
  • 要介護3~5の方が主な入居対象
  • 医療的なサービスを受けられないことがある
  • 多くは4人部屋で、個室(ユニット型)のある施設もある

介護老人保健施設(老健)とは

通称『老健』といわれ、退院後に在宅生活の復帰が困難と思われる高齢者に対してリハビリ等を目的に数ヵ月程度滞在することを目的とした施設。

在宅復帰を目指した施設のため、他の介護施設に比べて入所期間は短いことが特徴です。リハビリの専門職である理学療法士や作業療法士などによる質の高いリハビリが受けられます。

特に初期費用がかからずサービス費用が抑えられることも魅力です。申し込みから3ヵ月~半年くらいでの入所となることが多いです。

介護老人保健施設の特徴

  • 行政や医療法人が運営する公的な施設
  • 在宅復帰を目的としたリハビリを行う施設
  • 長期入居を目的としない
  • 入居中はリハビリの指導や医療サービスが受けられる

介護医療院(介護療養型医療施設)とは

2018年4月に創設されたばかりの施設です。入居者100人あたり3人の医師が配置されます。たん吸引などの医療設備、サービスも充実していることから、要介護者の方のなかでも特に医療ニーズが高い方に対応できます。

看護師はもちろん、薬剤師や栄養士などの配置が義務付けられており、看取りやターミナルケアも行っています。そのため、終の棲家としての検討も可能となっています。病院の4人部屋のような環境が多く、パーティションなどで分割されている場合も多くあるためプライバシーの確保には注意が必要です。

また、伝染病などに罹患、長期入院が必要な場合は入居できない可能性があります。

介護医療院の特徴

  • 長期的な医療サービスを必要とする方向けの施設
  • 医師や看護師が常駐している
  • 看取りの対応も可
  • レクリエーションなどのサービスはしていない場合が多い

民間型の老人ホーム・高齢者向け住宅

民間型の高齢者向けの介護施設は有料老人ホームやサービス付高齢者向け住宅、シニア向け分譲マンション、グループホームなどが分類されます。一般的に公共型に比べて費用が高くなりがちですが、生活援助サービスが充実していて、快適に老後の生活を送れるというメリットがあります。

介護付き老人ホームとは

一番の特徴は介護度が高くても『介護保険サービス』が定額で利用できるということにあります。介護を多く必要とする方も費用を抑えることができ、介護職員が24時間常駐しており充実した介護サービスを受けることができます。

介護付き有料老人ホームの特徴

  • 介護スタッフが24時間365日常駐
  • 認知症や看取りなどさまざまなニーズに対応可能
  • 介護度に応じた一定の月額費用でサービスを受けることができる
  • 入居時に一時金が必要な場合もある

住宅型有料老人ホームとは

特徴は、ご本人または家族が希望する介護サービスを選択し、組み合わせて利用できるのでご本人に適したサービスを受けることが可能です。

注意すべき点は介護度が高くなった際に各介護度で定められた『自己負担限度額』を超えないように注意する必要があります。また、施設によっては自身が必要としているサービス以上を提供する場合があり、『介護付き』のような施設になる場合がありますので注意が必要です。

住宅型有料老人ホームの特徴

  • 介護サービス費は利用した分だけの支払いとなる
  • 入居者の身体状況や希望に合った介護サービスを選択できる
  • 介護サービスは施設に併設した事業所から提供されることが多い
  • 入居する方の身体状況や認知機能などは様々である

サービス付き高齢者住宅とは

実際には介護施設ではなく、あくまで住宅として扱われています。

メリットとしては外出や外泊は比較的自由にできる場合が多く、自由度の高い生活をおくれます。

よく『サ高住』と呼ばれ、『一般型』と『介護型』があり、一般型で介護を受ける場合は、外部事業者による居宅サービスを利用することが多いです。

介護型(特定施設)の場合は、担当の介護職員が介護サービスを提供します。歩行機能などは比較的保たれた状態ではないと入居できない場合が多くある印象です。

サービス付き高齢者向け住宅の特徴

  • 高齢者向けの賃貸住宅であり、入居時にかかる費用が安いことが多い
  • プライバシーが尊重され、入居者の生活リズムに合わせて過ごすことができる
  • 安否確認や食事の提供サービスがあるため一人暮らしが不安な方向けである
  • 介護サービスが必要になったときも外部のサービス事業所を利用して生活を続けることができる

グループホームとは

認知症の方が5〜9人程度の少人数でグループをつくり、認知症の専門職員からサポートを受けながら共同生活をする施設です。

メリットとしては少人数の『グループ』で生活することで目の行き届いた介護サービスを受けれます(*゚∀゚)

入居者の『できること、できないこと』に応じて洗濯や料理などの様々な役割を担うことで認知症の進行をゆるやかに、暮らしていくのが大きな特徴です。

グループホームの特徴

  • 認知症に特化した少人数制の施設である
  • 地域に住民票を持つ方が入居可能である
  • 家事などを職員と入居者が一緒に行い、身体の衰えを防ぐ
  • 介護度が上がると入居し続けられないことがある

健康型有料老人ホーム

メリットとしては老後の生活を満喫するためのサービスや行事が充実している施設が多い点です。

基本的には自立した方を対象としている施設なので、介護が必要になった場合には退去が必要になるケースも多く、全国的にみても施設数はとても少ないです。

健康型有料老人ホームの特徴

  • 自立した高齢者が入居可能
  • ジム、温泉、カラオケ、畑など施設によっては娯楽サービスが充実
  • 介護サービスが必要になった場合は退去しなければならない

シニア向け分譲マンション

シニア(高齢者)が快適に過ごすことができるように配慮された、バリアフリーの分譲マンションです。コンシェルジュサービスやシアタールーム、フィットネスジムなど設備が充実しており、主に富裕層がターゲットとなっています(*^^*)

メリットとしては所有権を持つことで自分自身の財産となるため、将来的に売却や相続を行える点です。介護施設ではなく、常駐するスタッフによる生活援助を受けられる住まいの一つとなっています。

シニア向け分譲マンションの特徴

  • バリアフリー完備で高齢者でも過ごしやすい
  • 安否確認や食事の提供サービスがあり、一人暮らしが不安な方向けです
  • プライバシーが尊重され自分の生活リズムにあわせて過ごすことができる
  • 介護サービスが必要になったときも外部介護サービス事業所を利用して生活を続けられる

養護老人ホーム

特別養護老人ホームと名前が似ていますが、全く別の施設です(*゚∀゚)

介護を目的としておらず、経済的に困っている人を支援するために用意された施設です。そのため、原則として介護保険サービスの提供はされず、入居者の社会復帰をサポートする体制が整っています。

養護老人ホームの特徴

  • 経済的な理由や家族の事情のために行政などの助けが必要な高齢者向けの施設です
  • 受け入れには自治体の審査が必要となっています
  • 介護が必要になると退去を要請される可能性があります
まとめ
  • 介護施設には民間施設と公的施設がある
  • 民間施設は介護サービスが充実していることが多い
  • 公的施設は全体的に費用を抑えられる
  • 自立の方向けの施設は、介護状態になると退去しないといけない場合がある

今回は、介護施設について簡単にまとめました!
施設への入居は高額です☆彡

自分にあった施設をみつけ楽しく、健康で充実した生活を過ごしましょう(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました